2019/04/16

任務進行中01


停止し、ドアが開く。
固く手をつなぎ、体を密着させた2人が降りていく。
少しあとに、自然さを装ったスキンヘッドが続く。

オリエは我に返ったように、反対側のドアが開いていることに気づく。
ドアが閉まることを告げる車内アナウンスが流れる。

「ウソ!?」

ちょうどドアが閉まりかけていたが、慌てて車外に飛び出していく。

全く意に介さない様子のマサヨシ。
閉まりかけるドアに何かが引っかかるような、挟まりかけるような音が聞こえ、軽く顔を上げるが、すぐに元に戻す。

『昨日、男性10名の変死体が川に浮かんでいるのが発見される。死体の状態から、ほぼ同時に殺害されたと見られている』

『依然として、2030代の女性が行方不明になり続けている。一度に多人数が失踪するわけではなく、1人また1人という状況。手口は似ているようだが、現状手がかりは皆無の状態』

マサヨシの眼差しに紅蓮の炎が宿り始める。