2019/09/16

任務進行中25


その翌日も、スキンヘッドの付き纏いは変わらずだった。
全速力で振り切ろうとするオリエも同様だった。

しかし、今回のスキンヘッドはこれまでと違い、オリエを追いかけてきた。

「!!」

角を曲がろうとするオリエの視界に、迫り来るスキンヘッドが映っている。


なんとかやり過ごし、家路に着くオリエ。

『ねぇ、どうしよう。なんかあのスキンヘッド、今日は走っても追ってきちゃったよ。だから、すぐに帰んないで、ぐるっと回って、いないのを確かめてから帰ったよ』


マサヨシから返信がくることはなかった。

2019/09/13

任務進行中24


『件名:o.r.i.e_dayonさんからメッセージがあります』
『本文:なんか、またあのスキンヘッドにストーカーされるようになっちゃったよ。リアルで会ったときは大丈夫だったのに』

『件名:masa_yo.s.h.i.99さんからメッセージがあります』
『本文:てか昨日の今日じゃん。どこまで付いてくる感じ?』

『件名:o.r.i.e_dayonさんからメッセージがあります』
『本文:なんだろう。家まで来させたくないから途中で走っちゃうんだけど、そうすると追って来なくなるんだよね』

『件名:masa_yo.s.h.i.99さんからメッセージがあります』
『本文:敢えてそうしてるのか、オリエの走るスピードが速すぎて追う気が無くなるのか、ただ単に疲れたくないか、そのどれかだろうな』

『件名:o.r.i.e_dayonさんからメッセージがあります』
『本文:わかんないよ、そんなの

『件名:masa_yo.s.h.i.99さんからメッセージがあります』
『本文:じゃあ、近いうちにまた会おうぜ?リアルで会うと現れないっていうことなら、それが1番効果的だし』

『件名:o.r.i.e_dayonさんからメッセージがあります』
『本文:ゴメン。ここ最近は仕事も忙しいし、予定もあるから無理。また今度ね』

『件名:masa_yo.s.h.i.99さんからメッセージがあります』
『本文:了解』

2019/09/10

任務進行中23


「それでようやく2人は、初対面したってわけか

「ああ」

例の隠れ家的なカフェに集っている3名。
並んでいるグラスには、オレンジ・水色・無色透明の液体がそれぞれ満たされていた。

タブレットを操作している警官。
長髪は水色の液体を飲み始める。

「しかし、よく気づかれなかったな」

「どうだろうな。動画を見てもらえばわかると思うが、この女、時々カメラ目線になる」

タブレットに、オリエとマサヨシの後ろ姿が映っている。
場所は、雰囲気が良いとは言い難い、少々雑然とした様子のカフェと思われた。

スキンヘッドはオレンジの液体を、警官は無色透明の液体を飲み始める。

「確かに今カメラ目線になったな」

「だが、すぐに男の方に視線と顔を向けた。となると、大丈夫と見ていいだろうな」

「そうだな。当日は自然さを装って、スマホで動画を撮り続けてた。言うまでもなく私服でな」

「しかし、この男、思ったより重症だな。この手のセッティングで、女を壁側に座らせるとは」

「ただ、今後の展開を占う意味では絶妙なセッティングだ。なぜなら、この手の決定権は女にあることが大半だからな」

「ああ、間違いない。だとすると、これはかなり難しいだろうな」

「そうだな。この女、全く目の前の男に集中してないな」

「カメラ目線以外にも、通行人がいればそっちに視線を移したり、よく下を向いたり、そして、苦笑いばかりだな」

「しかも、口元は笑っていても目が笑ってない。ひどいと笑いながら通行人を見てたりしてるな」


空になった3つのグラス。

「さて、この2人はもうこれ以上関係が進展しないと思われるが、どうだ?」

「同感だ」

「ということは、近日中にやるのか?」

「もちろん。役に立たない男は消す。多少なりとも使えそうなヤツは、ひとまず残しておく。これが我々の任務だからな」

2019/09/07

任務進行中22


『件名:o.r.i.e_dayonさんからメッセージがあります』
『本文:ねぇ、なんか23日ぐらい前から、例のスキンヘッドからストーキングされてて、めっちゃ怖い

『件名:masa_yo.s.h.i.99さんからメッセージがあります』
『本文:え!?マジで!?見られてることに気づかれたとか?』

『件名:o.r.i.e_dayonさんからメッセージがあります』
『本文:わかんないよ、そんなの
ねぇ、どうしよう


『件名:masa_yo.s.h.i.99さんからメッセージがあります』
『本文:とりあえず、俺に何ができるってわけじゃないけど、明日会わないか?』


『件名:o.r.i.e_dayonさんからメッセージがあります』
『本文:うん、いいよ