2018/08/24

Α-27

最初んとこは食品メーカーで、地方にある本社近くの工場で働いてた。次のブラックは営業で、電話料金が安くなる的なサービスの売り込みをやってた。

全然違う仕事だね…

食品メーカーは、行ってた大学がそっちに強かったからなんとかなったようなもんで、ブラックだって、人を選ぶ基準がゆるかったから入れたようなもんさ。

でも、運は良かった気がする…
そういうのに恵まれない人って、ホント恵まれない気がするし…

ああ、今思えば確かに。

仕事は、どうだった?
やっぱり、大変だった?

そりゃあな。色々な会社見たけど、楽なことは1つもなかったな。面白くもなんともねぇし、キツいことしかなかった気がする。

そうなんだ…

ただ、そのキツさのポイントが会社によって違うって感じだな。
最初んとこは、工場だったってのもあるけど、体的にキツいのは言うまでもなく、追い打ちをかけるように、性格の悪りぃ連中に恵まれてさ。
で、土地も合わないから気の休まるときが全然なくて、ハッキリ言ってイミフな状態だった。

よく、1年も続いたよね…

連中も、俺がどんだけ持つか観てやがる感じだった。だから、奴らの予想を裏切ることだけ考えてたし、それが唯一の原動力だった。

なんか、タカシはその会社から受け入れられてなかった気がする…

だろうな。
あの会社、100人ぐらいの従業員で全国に支店があってさ、俺が入るときまでは、毎年多くても数人ぐらいしか人取ってなかったらしいけど、俺んときは色々と変えようとしてたみたいで、15人取ってた。
で、俺はそいつらと全然合わなくてさ。いつもどうでもいいことで揉めまくってて、仕事も回らなくなりかけることもそれなりにあった。

もしかして、タカシだけ先に工場に?

ああ。
ほかの連中は、もっとあとでバラバラに全国にある支店に回されてた。まぁ、営業だったみたいだが、低レベルすぎたからついてけなくて、もう辞めてるかもな。
ちなみに、俺が先に工場に回されたのは能力を買われてってことじゃなくて、悪影響しかないから切り離したって感じだ。

うん、そんな気がする。