2018/12/25

Α-42


強いが、優しい日光が辺りを照らし続ける。
幾分収まりつつある慟哭。
顔を伏せ、地面に手を付いたまま全身を痙攣させているアヤカ。

大きめの羽音とともに1羽のカラスが飛んできて、ちょうどアヤカの真正面に着地する。
驚いたように顔を上げるアヤカ。


アヤカを見つめているカラス。

どう、した、の?」


食べたい、の?」

鳴かずにアヤカを見つめ続けているカラス。

いい、よ」

フラつきながら立ち上がり、カラスに背を向けて歩き出すアヤカ。
程なくして、何かを訴えるように耳障りな声で鳴き始めるカラス。

異変に気付いたアヤカが立ち止まり、振り返る。
目にも止まらない速さで飛びかかってくるカラス。

2018/12/14

Α-41


辺りは夜の色に染まっていた。
しかし月明かりのためか、黒く塗りつぶされるほどではなかった。

苦しそうに息をしていたタカシが静かになり、そのまま目を閉じる。
その様子を見て、安心したようにタカシに体を預け、目を閉じるアヤカ。


強めの日差しが2人の寝顔を照らす。
ゆっくりと目を開けていくアヤカ。

もう朝かぁ
なんか、目閉じたらいつの間にか寝ちゃってたし。

固く目を閉じたまま微動だにしないタカシ。
日光に照らされたその顔色は、蒼白に近かった。

でも、天気は良さそう。
ね、タカシ。

無反応なタカシ。

タカシ?
ねぇ、ねぇってば。

激しくタカシを揺さぶるアヤカ。
無反応なまま、力無く俯せに倒れるタカシ。
そのまま微動だにしない。

ねぇ、約束、したじゃん
一緒に、鐘の場所、見に行くって
なのに
なのに……

膝から崩れ落ち、地面を何度も叩きながら悲しみの高音をあげるアヤカ。
タカシを照らす光は、優しく、そして温かだった。

辺りには、慟哭がひたすら反響し続ける。

2018/12/05

Α-40


橙色の木漏れ日が、辺りを同じ色に染めていく。

ウソ
行き止まり?

丸くくり抜かれたような、広場のような場所だったが、周りは高い樹々に囲まれており、目の前は高い崖になっていた。

そう、みてぇだな

荒い息遣いのタカシ。
明らかに顔色は悪くなっていた。

休む、よね?

ああ
なんか、変な感じだ
すっげぇ寒いけど、すっげぇ熱い

とりあえず、座ろ。

片足が不自由なアヤカよりもぎこちない動きのタカシ。

あ、鐘の音。
やっぱり同じだ

無反応なタカシ。


1羽のカラスが飛んでくる。
2人の目の前の、少々離れた場所に降り立ち、様子を窺うように小刻みに跳ねたり、立ち止まって首を傾げたりしている。

カラスに気づき、視線を向けるアヤカ。
互いの視線が交錯する。


2人に背を向けて、そのまま飛び立っていくカラス。

もしかして、あのときのカラス?

タカシは無反応なままだった。
土気色の顔で、苦しそうに息をしている。

心配そうにタカシを一瞥して寄り添い、その手を、包み込むように両手で握りしめるアヤカ。

辺りは橙色から黒へと変わりつつあった。

2018/12/01

Α-39


タカシを固く抱きしめ、微動だにしないアヤカ。
その後ろ姿を、雨が刺すように降りつける。

タカシの腕が力無く伸びてきて、アヤカの背中を抱く。
弱々しい抱擁で、ただ腕を乗せているだけというような状態だった。

響き渡る大音量の雨音。
2人の姿は白靄に掻き消されていく。


樹々の間から、暖かい光が多数漏れてくる。
徐々に薄くなっていく白靄。

止んだね。

ああ、やっと止んでくれたな

抱擁を解き、タカシの顔を覗き込むアヤカ。

やっぱり顔色良くないね。
手も冷たいし。
しすぎちゃって疲れちゃっただけ、じゃない気がする

なんか、もらっちまった、かな?

う~ん、どうなんだろ。

まぁ、そうだったとしても、目的が変わることはねぇ
鐘が、鳴ってる場所に行くっていう

うん。

行こうぜ。