2018/08/31

Α-28


考えてもみろよ。工場へ回される前、俺だけ直接人事の連中に呼び出されてさ。
人事ってのは、人を採用したり、誰をどこに回すかとか、誰の取り分を増やすかとか減らすかとかを決めるとこだけど。
人が足りないから優先的に工場へ行ってもらう、って言われたのに、実際に行ってみたら全然そんなことなくてさ。コイツどうすっかなぁ、みたいな感じだったわけよ。
誰だって不信感持つし、まともにやってやろうって気もなくなるぜ。

確かに

まぁ、結果的に会社の思惑通りな感じになったのはすげぇ気に入らねぇし、戻ったとしても安心できる状況じゃねぇことも頭ではわかってたけど、体が、ていうか細胞自体があの場にいることを拒否ったって感じだった。

うん、そうだと思う。

で、次のとこはブラックだったんだが、ブラックって言われて何をイメージする?

う~ん
やってることが、良くないことなんだけど、そうじゃないみたいな感じでやるとか
すごい長い時間仕事しても、その時間に合ったお金がもらえないとか
かな?

次のとこは、その全てを兼ね備えてたな。

え、マジで?

2018/08/24

Α-27

最初んとこは食品メーカーで、地方にある本社近くの工場で働いてた。次のブラックは営業で、電話料金が安くなる的なサービスの売り込みをやってた。

全然違う仕事だね…

食品メーカーは、行ってた大学がそっちに強かったからなんとかなったようなもんで、ブラックだって、人を選ぶ基準がゆるかったから入れたようなもんさ。

でも、運は良かった気がする…
そういうのに恵まれない人って、ホント恵まれない気がするし…

ああ、今思えば確かに。

仕事は、どうだった?
やっぱり、大変だった?

そりゃあな。色々な会社見たけど、楽なことは1つもなかったな。面白くもなんともねぇし、キツいことしかなかった気がする。

そうなんだ…

ただ、そのキツさのポイントが会社によって違うって感じだな。
最初んとこは、工場だったってのもあるけど、体的にキツいのは言うまでもなく、追い打ちをかけるように、性格の悪りぃ連中に恵まれてさ。
で、土地も合わないから気の休まるときが全然なくて、ハッキリ言ってイミフな状態だった。

よく、1年も続いたよね…

連中も、俺がどんだけ持つか観てやがる感じだった。だから、奴らの予想を裏切ることだけ考えてたし、それが唯一の原動力だった。

なんか、タカシはその会社から受け入れられてなかった気がする…

だろうな。
あの会社、100人ぐらいの従業員で全国に支店があってさ、俺が入るときまでは、毎年多くても数人ぐらいしか人取ってなかったらしいけど、俺んときは色々と変えようとしてたみたいで、15人取ってた。
で、俺はそいつらと全然合わなくてさ。いつもどうでもいいことで揉めまくってて、仕事も回らなくなりかけることもそれなりにあった。

もしかして、タカシだけ先に工場に?

ああ。
ほかの連中は、もっとあとでバラバラに全国にある支店に回されてた。まぁ、営業だったみたいだが、低レベルすぎたからついてけなくて、もう辞めてるかもな。
ちなみに、俺が先に工場に回されたのは能力を買われてってことじゃなくて、悪影響しかないから切り離したって感じだ。

うん、そんな気がする。

2018/08/03

Α-26


その会社には、どれくらいいたの?

1年ぐらいだな。どうも合わなくてさ。会社もその土地も。結局、1番身近な他人たちの元へ戻るしかなかった。奴らに白い目で見られたのは言うまでもねぇ。

逆に、あたしはそういう方がやだな
精神的に病みそう

まぁ、俺だってやだったけど、ほかに行く場所がない以上はしょうがねぇ。幸い、連中には世間体を気にする性質があって、俺を殺す気はなかったからエサが途絶えることはなかったけどな。

上手く利用した感じだね

ただ、居座るための条件を満たしてないことに変わりはねぇから、あの手この手使ってメンタル攻撃を仕掛けてきやがったよ。それがてめぇらの生き甲斐か?っつう勢いで。

よく病まなかったね

なんとか3ヶ月ぐらいで総合職にありつけたからな。もっと長引いてたら色々とヤバかったと思う。間違いなく連中に、てめぇらのせいで俺はこうなったから責任取れ、って言ってるだろうし。たぶんそうなったら、色々収集つかなくなって、俺が連中を殺すか、その逆になるか、って感じだったと思う。

だったら、早く決まってホント良かったよね
最悪の状況は防げたわけだし

まぁな。ただ、次のとこがブラックだったから、一難去ってまた、って感じだった。

そうなんだ