2018/06/06

Α-16

そろそろ、夜明け前かな?
なんか、全体的に明るくなってきたね…
月が見えなくなって、さっきまでタカシの顔も見えないぐらい暗かったけど…

ああ、たぶん。

ねぇ…
タカシのこと、聞いてもいい?

ああ…
どっから話せばいい?

う〜ん…

俺は…
アヤカとはだいぶ年離れてるかもだけど、27歳なんだ。
夢も希望も、何もない27年間だった…
何のために生き、何のために死ぬのか、って自問自答しない日はなかった。

そうなんだ…
あたしは、あの地震のとき12だった…

じゃあ、10歳ぐらい離れてるな。

たぶん、そうだね…
あたし、あれから、自分の歳とか、何年生きてるとか、考えたことないから…

まぁ、そうだよな。

タカシは、学校は、やっぱり高校とか大学とか行ってたの?

ああ、両方とも行ってたし、一応卒業もしてる。
でも、ほとんど意味なかった。
生きてくのに必要なものは何も得られなかったしな。

そっかぁ…

2 件のコメント:

  1. 思えば二人ともそれなりの年齢が離れているんですもんね。
    地震があったり色々と大変な世界でありますが、
    それがなければ出会えなかったかもしれないと思うと、
    縁というのも不思議なものですね。
    タカシ自身は大学まで行っていたようですが、
    それだけでなにか生きていけると思える何かには出会えなかったんですね~。

    返信削除
    返信
    1. スピリチュアルな話になるかもですが、やっぱり人間て、引力というか気のようなものを発してると思います

      それが共鳴し合うかどうか、かなと思ったりしますです

      まぁ、タカシに限らず、程度の差こそあれ、大学で生きていくのに必要なものが得られたっていう連中はほとんどいない気がします

      逆を言うと、大学でそういうものが得られたっていう連中が多ければ、もっと生きがいを持って日々を過ごせる連中も増えて、結果国の状態も良くなってたんでは?

      って思いますね

      削除