2018/05/11

Α-14


「確かにデカい

「でしょ?しかも満月だし

タカシの前に回り込むアヤカ。
視線を落とすタカシ。
瞬きをしない強請るような眼差しと交錯する。


空いていたもう片方の手も繋がり合う。
額同士もくっつき合う。


脱ぎ捨てられた衣類。
細波だっている水面。
川の音に混じって、水面を叩くような、潜っては出てを繰り返すような音が何度も響いてくる。


月の光に照らされている、激しく互いを求め合う、汗と水に濡れた肢体。


2 件のコメント:

  1. 近くには水面、そして月明かりとなれば、
    ムードとしてはこれ以上のものはないですが、
    ついに二人も結ばれましたね~。
    出逢った頃から何か惹かれるものがあったのかもしれませんが、
    幸せになれるのか気になるところですね^^

    返信削除
    返信
    1. ええ、今回はあまりにも荒廃した世界なので、少しはムードのある要素も欲しいかなとw

      そうですねぇ…

      まぁ、ある意味幸せな感じにはなると思いますですw

      削除