2017/12/27

59

規則的に鳴り続ける不協和音

その中に入り交じる重低音やノイズ、美しくも儚い歌声

オレはあなたたちが創り出すセカイが大好きだった

オレもあなたたちみたいになりたかったよ

でも、オレにはあなたたちみたいな才能はないんだ

どんなに懇願したところで、オレには手に入れることの出来ないものなんだ

だから、オレはあなたたちから離れる

これ以上近くにいてもツライだけ

オレはこれ以上苦しみたくないんだ

オレはもっとラクになりたいんだ


だから、さようなら