2017/11/23

25

生徒の学力というか偏差値はその家庭の経済力と関係があるのだろうか?

「私立」と呼ばれる学校は無駄に授業料が高い傾向があり、それに応じて偏差値も高めだ

「公立」と呼ばれる学校でも偏差値の高いところは、そこに入らせるために1番身近な他人たちが塾や予備校にカネを注ぎ込む

まるで、偏差値の低いところは学校としての価値がなく、そこに在籍している生徒も人間失格に等しいような輩ばかり
そんなところに自分の子供を入れてしまったら、自らの世間体に大きく傷がついてしまう

とでも言わんばかりの必死さがある

傍から見ていると滑稽極まりないものだが、オレの親と呼ばれる連中もその中に含まれていた

偏差値云々というかそもそも学校というものに興味のないオレにとっては迷惑以外の何物でもなかった

学歴や偏差値だけで全てが決まることはない

というのが持論だ

しかし、現実的には偏差値の高低が人生全体を決めてしまうという構図は否が応でも存在している

俗に言う一流企業に在籍する連中や自ら事業をやるような人間は、偏差値の高い学校に所属していることが多いのだ

ヨーロッパは階級社会と呼ばれているが、この国も結局のところそのような社会構成になっているのだろう


「成り上がり」「成金」という言葉が存在するのはこのためかもしれない