2017/11/21

23

中学は私立だったが、高校は公立だった

個人的には「私」でも「公」でも、どちらでもよかった

やることはほぼ同じ

高校は中学の延長線上に存在するもの、というかただ単に中学に毛が生えた程度のもの

「公私」の違いは授業料の違いでしかない

としか思っていなかった

もしかしたら、ほかにも違いはあったのだろうが、それがわかったところでオレの何かが変わることはない

基本的に「学校」と名の付くところは、それが何であれ好きにはなれなかった

所詮やることは受験勉強という名の暗記に偏りきった、生きていく上で何の役にも立たないものばかり

学校側は、「生きていく上で知識が全て」とでも言いたげな様子でこちらを洗脳していくだけ

無論「知識」が必要ないと言うつもりは毛頭ないが、それ以外に必要なものが軽視されていると感じざるを得なかった


そんなオレが授業料の高い「私」に行くことは、まさにカネの無駄遣い以外の何物でもない