2017/08/09

■37

「お客さん。終点ですよ」

俺は一瞬自分がどこにいるかわからなかった
駅員の声が夢の中で聞こえているような気がした

どうやら京王八王子に着いたようだ
新宿駅始発の電車に乗るやいなや深い眠りに落ちてしまったようだ
電車から降りて、携帯電話のサブディスプレイを見ると22時半になっていた
駅員に起こされたときは内心では慌てていたが、表面上では平然としているような状態だったに違いない

今日は終業間際で朝一対応したクレームユーザーから電話が架かって来て、センターのシステムがセキュリティの関係上、完全にシャットダウンする21時ギリギリまで延々と対応するはめになった

しかも、要望というよりはただ文句が言いたいだけというような状態だったため、まるで嫌がらせをされているような気分になった。後日折り返しをすることにも納得しなかったし、こちらから提案できる最大限の対策にも不承だった

最終的には言いたいことを言い終えて満足したのか相手から電話を切ったから、良かったと言えば良かったが…

とりあえず明日は10時半までに中野に行かなければならない
当然早く起きる必要があるので、早く寝た方がよさそうだ