2017/05/25

Rebirth of dark haze

黒靄で霞んだ太陽。
細かく入っていた黒い縦線はなくなっていた。

従来通り任務をこなしている人工知能たち。

川へ投げ出される亡骸は、原型は留めていたものの、体の大半が溶けていることも少なくなかった。

溶けきらずに残っていた多数の白骨は、手をつけられることはなく、そのままの状態だった。

散歩しているサヤ。
足取りは少々重い様子だった。