2017/03/02

To the road home II

18時半。
事務所を後にするヨシキ。
珍しく残務がそれほどなかったため、多少早い終業だった。

自宅は、電車で30分圏内にある3LDKのマンションだった。
ルミとの間に家族が増えることを想定し、2年前に住み始めた。

「…」

スマートフォンを操作しているヨシキ。
画面にはメッセージを送信するアプリが起動しており、「これから帰るよ。夜メシ買って帰るのでよろしく」と表示されていた。

街灯の明かりは靄で滲んでいた。
かろうじて道や建物の輪郭は見えたが、日光が差さない時間帯のため、街灯の明かり以外はとにかく黒かった。