2017/02/03

To the road home

時刻は15時半。
業務の報告や引き継ぎなどを終えて、家路に向かっているリュウスケ。

自宅と川は徒歩15分圏内で、同僚たちもそれなりに近い場所に住んでいると思われたが、お互いに面識はなく、興味・関心もなかったため、実際のところはよくわからなかった。

リュウスケが住んでいるアパートは鉄筋造りの2階建だった。
10世帯だったが、実際に住んでいるのはリュウスケ含め、数人程度と思われた。

部屋は2階で、通りから見える場所にあり、空気清浄機と酸素が絶え間なく送り込まれるようになっていたが、家賃は月収の半分程度を占めていた。