2017/01/07

Submerged in dark haze

対岸が見えないほどの広さの川。
流れは緩やかだ。

辺りは靄がかかったように黒く霞んでいる。
時折通る車は全てヘッドライトが点灯していた。

防毒マスクにタンクトップ・ハーフパンツ姿のリュウスケ。
手にはスマートフォンが握られており、画面に表示される時刻は8:00となっている。

薄闇に覆われたような空。
太陽は霞んでいたものの、かろうじて見える状態だった。

猫背でうつむき加減なヨシキが足早にやってくる。
防毒マスクに半袖の白ワイシャツ・スラックス姿だった。

「…」

ヨシキを一瞥するリュウスケ。
リュウスケなど眼中にないような素振りでやってくるヨシキ。



スマートフォンに視線を移すリュウスケ。
すれ違う2人。

リュウスケは、ヨシキよりも頭一つ分背が高く、腕や足も1.5〜2倍ほど厚みがあった。