2017/12/24

56

「そういえばさ、ミョウジン君て仕事は何してるの?」

「食品会社で品質管理やってますね」

「ずいぶん堅いことやってんだねぇ~」

「やっぱりオレ、そういうことやってるように見えないんすね」

「うん。なんかねぇ、チマチマした成功を求めてるように見えないんだよね」

確かにそうですね」

「あれだっけ?出身は東京だったっけ?」

「ですね」

「いずれは向こうで仕事したいでしょ?」

「もちろんです。ハッキリ言って今すぐにでも戻りたいすね」

「なるほどねぇさて、出来たよ。いい感じじゃん」

彼はヨコイという名だった

美容師という職業について16年も経つとのこと

飽きないのだろうか?

辞めようと思ったことはないのだろうか?


自分の適性がこの仕事以外にあるのでは、と感じたことはないのだろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿