2017/12/14

46

就職して、見知らぬ土地で冬を迎えることになった

この土地は夏は日差しが強く、冬は空気が重く、そして冷たい、という全くもって優しくない場所だ

雪も降った

湿気を含んだ重い雪だった

心なしか積雪量もオレの慣れ親しんだ場所よりも多かった気がした

残念ながらオレはこの土地には合わない

来年、この土地で冬を迎えることはないだろう

否、迎えたくない

むしろ迎えることがあってはならない

仮に迎えることがあったとしても、そのときはオレのメンタルが間違いなく崩壊しているはずだ


退職していったケイコのように

0 件のコメント:

コメントを投稿