2017/11/10

13

ケイコは程なくして退職した

予想通りと言えば予想通りだが、退職の仕方は何とも後味の悪いものだった

主任以外にも新たに人間関係を悪化させたようで、それがキッカケとなり、メンタルが崩壊したようだった

壁に拳で穴を空けたり、オレに抱きついて泣き崩れたり

手に負えない状態だった

事前に会社へ退職の申し出をせずに退職せざるを得ない状態だったようだった

無断欠勤し、「自分が精神的に病んだ状態になったのはオマエラのせいだ」という類のことを間接的に会社へ通告してきたとのこと

事態を重く見た総務の部長兼取締役の1人が部署に現れ、オレも含めた全員に事情聴取を行った

その際、オレに対しても「自分のことを面白おかしく無関係な人間に言いふらした」と言っていたことを聞かされた

とんだ濡れ衣を着させられたものだ

オレが必要以上に人間関係を広げることのないタイプだということを知った上での発言なのだろうか?

その日以降ケイコが出社することはなかった
無論、在籍者の名前からケイコが消えたのは言うまでもない

真相は闇に埋もれたまま、今日も組織は稼動を続ける

何事もなかったかのように

0 件のコメント:

コメントを投稿