2017/09/14

000

スラムの定義は、都市部で極貧層が居住する過密化した地区のことだ
スラム街、貧民街などと呼ばれることもある

また、都市の他の地区が受けられる公共サービスが受けられないなど、荒廃状態を指す意味合いもある

この街は色々な意味で荒廃していたが、貧民街というよりはスラム街だった

キウェインは、行き交う人間たちをそれとなく観察していた

大半の連中は目が死んでいたし、常に何かに追い立てられているように見えた
身につけているものも、決して安くはないだろうが、彼らには明らかにオーバースペックで、逆にみすぼらしく見えた

まるで、ゾンビか奴隷のように見えるのだった



キウェインには、過去の記憶がなかった
欠落している、といった状態だった

特に顕著なのが幼少期の記憶だった
どのような幼少期だったのかと尋ねられても、答えられなかった

「昔のことなので覚えていない」ではなく「存在していたかどうかわからない」という状態でもあった

この症状は

ある一定の時期から発症したものなのか?
あるいは、生まれたときから発症しているものなのか?

皆目見当がつかないのだった

しかし、キウェインは特に気にしていなかった

今まで生きてきた約27年間、そのことで困ることがなかったからだ

0 件のコメント:

コメントを投稿