2016/10/27

▼01

死ぬのは仕方がない…

でも、殺されるのはいや…

ただ、それだけ…


カナミは何かに突き動かされているようだった

陽炎が揺らめく灼熱の砂漠
砂以外には何も見えない場所

時折、砂の中に潜んでいた異形たちがカナミに襲い掛かる

サンドクローラーほどではないが
体長4~5mほどのイモムシやムカデ、サソリなど…



残念ながら、いずれも原形を保ったまま生存することはなかった


シヌノハ、シカタガナイ…



デモ、コロサレルノハ、イヤ…





タダ、ソレダケ…

▼00

究極生命体…

それは、しばしば苛烈な環境で生まれるものだ

異常高温…

異常低温…

異常乾燥…

苛烈な環境を耐え抜き、生きてきたもの

これこそが真に強いものであり、究極生命体となり得るのだ

現時点で、この究極生命体に相応しいものは…



なるほど…

そこにいたか…