2016/07/30

§10

シュウは「9区」をぶらついていた

「9区」の景観は「10区」と似ていた
所々に、規模の大きな生産緑地と思われる公園や庭園、河川があるのが、相違点だった

シュウは「9区」が好きだった
「10区」を選んだのは、月収と家賃の兼ね合いからだった

反対側に、見覚えのある男女が歩いていた
距離は離れていたが、ちょうどすれ違うところだった

男は、キウェインだった
一緒にいる女性は、あの小柄で細身の、黒目の割合が多い女性だった
デニムのショートパンツから伸びている、程よい肉付きをした、形のいい脚は、体の半分を占めているかのような長さだった

シュウは立ち止まり、2人に視線を向けた

彼らは恋人同士だろうか?
だとしたら、こないだの背の高い女性は?
ならば、この女性はなぜあのとき近くに?
いや、間違いなくこの男の彼女だろう…
あの感じ…
肉体的にも精神的にも異性によって満たされている何かがある…

女性は、シュウの視線に気付いたようだった
あの無機質で深遠な瞳を向けてきた

シュウは俯いた
そうするしかなかったかのようだった

キウェインの瞳は、シュウを認識していないようだった
女性と同様、無機質で深遠だった

彼らの姿が完全に見えなくなるまで、俯き続けていた
そうするしかなかったのだ

§9

「10区」は「9区」と同様、年収の高い人間たちの居住区だった

舗装の行き届いた道路
碁盤割りにされた区画
集合住宅の数よりも戸建住宅の多いと思われる景観

住宅は、いずれも規模が大きく、凝ったデザインをしており、玄関にオブジェが設置されていることも多かった

学歴の高さと年収の高さは、一部例外はあったにしても、比例関係にあった
物事の考え方、捉え方、視点など、即時仕事に繋がるものではないが、学歴の高い人間は、勉強を通して培ったこれらの能力を応用できることが多く、成果を上げることにも長けていた

端から見れば、シュウは、少なくともスラムの中では、高給取りへの道と何不自由のない生活が約束されていたにも関わらず、自ら放棄した不可解な存在だっただろう

両親とともに暮らしていた場合は、間違いなく糾弾されたに違いない