2016/08/25

■13

メールってさ、数々のサーバーをリレーのように経由して目的のメールサーバーに伝えられるんだよね
もちろん、ヘッダーフィールドで送信したヤツが使ってるメールソフトとか経由サーバーとかの情報は丸分かりさ

まあヘッダーフィールドは偽装も可能だけど、多くの低脳連中はこういうこと何も知らないでインターネットを使ってんだろうし

仮にこのヘッダーフィールドの見方を知っているヤツがいたとしても、文字・記号の多さに解析するのを諦めるんだろうね

上から見ていけばいいだけなのにね
こんな感じで

■Return-Path :
これは、メールが届かなかった場合に、そのメールが送り返されるメールアドレスだね

■Received :
どこのプロバイダやサーバーを経由して受信したかなどの経路(経由したサーバー)だね
通常はReceived: from ● by ▲ というような形式をとり、これは●から▲へという経路を通ったという意味になる

■From :
差出人メールアドレスだね

■To :
宛先メールアドレスだね

■Subject :
メールの件名だね

■Reply-To :
通常はFromの差出人メールアドレス宛になるけど、他のメールアドレス宛に返信してほしいときにメールソフト上で変更することができるね

■Date :
送信した日付・時刻だね

■X-Mailer :
差出人が使用したメールソフトだね
まあ、このX-の後ろは任意に設定できるんだよね
要はメールソフトやサーバーなどで任意に設定するから、必ずしもX-Mailerっていう記述になるとは限らないってこと

さて、予想通り抗議のメールがたくさん来てるね
たった数百人程度だってのに

抗議したって何も変わらないよ
このサイバー空間を破壊すれば何とかなるかもしれないけどね
まあ、できっこないと思うけど

大丈夫だよ
利用者諸君には迷惑がかからないようにサーバーの増強は完璧にしてあるから

0 件のコメント:

コメントを投稿