2016/08/22

■04

インタビュアー(以下「イ」):「本日はお招きいただきありがとうございます」

black(以下「b」):「いえいえ」

イ:「まさか取材に応じていただけるとは思わなかったので」

b:「よく言われますね。取材は別にキライではないです」

イ:「この空間含めて、イリュージュも全てご自身でお創りになったんですか?」

b:「ええ、そうです。楽ではなかったですが、自分は今までシステムエンジニアとして様々な規模のサーバーを構築しましたし、プログラマーとして多種多様な言語に触れてきました。なので、楽しくできましたね」

イ:「しかし、画期的なシステムですよね。今までパソコンに何らかのソフトをインストールしないとできないようなことが、ユーザー登録すればできるので」

b:「確かにそうですね。わかりやすいところだと、メール機能とかファイルのアップロード機能でしょうか。これらはコンピュータに何らかのソフトウェアが必要でした。イリュージュのメール機能はメールサーバーをそのまま使ってますし、ファイルアップロード機能はオンラインストレージですし」

イ:「今のところ大半の機能というかサービスが無料のようですが、今後は有料のサービスを増やしていく予定ですか?」

b:「あまり考えてないですね。自分はイリュージュで商売をするつもりはなくて、あくまでも趣味の延長なんです。まあ、運営費程度の金額が手に入ればいいかなって程度ですね」

イ:「広告収入ですか?」

b:「そうですね。すでに様々な企業からそういった話が来てます」

イ:「イリュージュは特定の国や地域だけでなく、全世界対応なんですね」

b:「ええ。特定の国と地域に絞ってしまうと面白くないと思ったので。これからはグローバル化ですからね。とは言っても、全員が全員登録するとは思わないです。今、世界の人口は100臆ぐらいですよね?だとしたら、1億人ぐらいでいいかなと」

0 件のコメント:

コメントを投稿