7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged
The abandonment

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2019/01/12

Ω-01


え!?
ここ、が??

そなたには、今鳴り始めたあの鐘の音が聞こえるな?

はい。
……だから、ですか?
あたしに、あの地震が起きてから、あの鐘の音が聞こえるようになったのは。

いかにも。
あの鐘は、この世界の者もしくは私のように行き来できる者にしか聞こえないのだ。

でも、だったらなんで、生の世界にいたあたしとかタカシに聞こえたんですか?
この世界に身を置いてないと、聞こえないんじゃないかって思ったんですけど。

本来ならそうだ。
しかし、そなたらは自らの意思で生の世界に留まったのだ。
なんらかの強烈な未練があったと推察されるが、どうだろう?

言われてみれば、そうかもです。
ご存知かも、ですけど、あたし、地震があったとき、お母さんにあり得ないぐらいぶたれてて、てかむしろ殴られてて、そのときにスッゴイ揺れて、吹っ飛んじゃったんです。

それで気がついたら、片足が不自由になっていたものの一命を取り留めたと思った。
そういうことだな。

はい。
でも、本当はそんなんじゃなくて、死んでるはずだった。
ってことですよね?

もしくは、この世界の住人となって彷徨い続けているか、だな。

あたし、なんかよくわかんないですけど、いつもお母さんから殴られてるとき、死んじゃえばどんなにラクか、って思う自分と、いやこんなんじゃ死ねない、死にたくない、死んでも死にきれない!!って思う自分がいたんです。

それは溢れんばかりの生への執着だな。
まだ、見果てぬ物事への渇望だろう。

えっ、と。

そなたにとって、まだ見たことがないこと、経験したことがないことを見てみたい、経験してみたい、ということだ。

はい、そんな感じです。

2019/01/05

Ω-00


そろそろ手を下ろして、目を開けるがよい。

どこからともなく聞こえてくる声。

両手を開いて、顔を隠すようにしていたアヤカだが、恐る恐る言われたとおりに行動する。
ここ、は?

目の前には、黒地に白い線で縁取りされた景観が広がっている。

縁取りの形から比較的容易に認識できると思うが、ここは我々がいた森だ。

言われれば、確かに。
ねぇ
あなたは、誰?

大きめの羽音とともに1羽のカラスが飛んできて、ちょうどアヤカの真正面に着地する。

私のことか?

声は、明らかにクチバシを動かしているカラスから発せられているようだった。


わかりやすい反応だな。
私は人間どもからカラスと呼ばれているが、実際は死を司る神の遣いなのだ。

そう、なんだ

まぁ、いいだろう。
そなたには現状さまざまな疑問が渦巻いていると思われるが、それを明確に言語化できないはずだ。
よって、少々一方的にはなるが、最初は私から話していくこととする。

うん、お願い、します

無論、混沌としたものが整理され言語化できるようなら、遠慮なく聞いてくれたまえ。

はい、わかりました。

ではさっそくだが、この場所について話そう。
先ほどの世界を生とするなら、ここは生と死の狭間だ。

生と死、の

生と死の間にある世界、とでも言えばいいだろうか。

ってことは
あたしは、生きてないけど、死んでもいない、ってことですか?

おおむねその通りだ。
付け加えるなら、数年前の大地震以来、ここが本来そなたがいるべき世界なのだ。

2018/12/25

Α-42


強いが、優しい日光が辺りを照らし続ける。
幾分収まりつつある慟哭。
顔を伏せ、地面に手を付いたまま全身を痙攣させているアヤカ。

大きめの羽音とともに1羽のカラスが飛んできて、ちょうどアヤカの真正面に着地する。
驚いたように顔を上げるアヤカ。


アヤカを見つめているカラス。

どう、した、の?」


食べたい、の?」

鳴かずにアヤカを見つめ続けているカラス。

いい、よ」

フラつきながら立ち上がり、カラスに背を向けて歩き出すアヤカ。
程なくして、何かを訴えるように耳障りな声で鳴き始めるカラス。

異変に気付いたアヤカが立ち止まり、振り返る。
目にも止まらない速さで飛びかかってくるカラス。

2018/12/14

Α-41


辺りは夜の色に染まっていた。
しかし月明かりのためか、黒く塗りつぶされるほどではなかった。

苦しそうに息をしていたタカシが静かになり、そのまま目を閉じる。
その様子を見て、安心したようにタカシに体を預け、目を閉じるアヤカ。


強めの日差しが2人の寝顔を照らす。
ゆっくりと目を開けていくアヤカ。

もう朝かぁ
なんか、目閉じたらいつの間にか寝ちゃってたし。

固く目を閉じたまま微動だにしないタカシ。
日光に照らされたその顔色は、蒼白に近かった。

でも、天気は良さそう。
ね、タカシ。

無反応なタカシ。

タカシ?
ねぇ、ねぇってば。

激しくタカシを揺さぶるアヤカ。
無反応なまま、力無く俯せに倒れるタカシ。
そのまま微動だにしない。

ねぇ、約束、したじゃん
一緒に、鐘の場所、見に行くって
なのに
なのに……

膝から崩れ落ち、地面を何度も叩きながら悲しみの高音をあげるアヤカ。
タカシを照らす光は、優しく、そして温かだった。

辺りには、慟哭がひたすら反響し続ける。