7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged
The abandonment

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2018/06/21

Α-20


ホントだ
タカシの言ってたとおりだね

だろ?

あり得ないぐらい静かだし、コンビニとか専門店みたいなのがポツン・ポツンとしかないし
すごい天気いいのに

ああ。人がいないわりにカラスはメッチャいるけどな。

そうだね

そういや、今まで町で人食ったことある?

ないよ。
誰かに見つかっちゃったら、この足だと厳しいし
それに、肉が転がってること自体、そんなにないと思ってたし

2018/06/14

Α-19

…すごかった、ね。

ああ。あんだけのカラスがああいうことをやってるのは、そうお目にかかることはねぇ…

うん…

それはそうと、いつの間にかあのアパートにもドローンが仕掛けられてた。

あの、模型飛行機みたいなの?

だな。あんだけ小さくても、人間なんて一瞬で殺せるだけの機能が内蔵されてる。モノによっちゃ、一瞬で体を溶かせる機能が内蔵されてることすらある。

そうなんだ…

あれも不法入居しようとしたところを、ドローンにやられたんだろうな。
ただ原型を留めてたってことは、溶かす機能までは内蔵されてないってことだろう…

2018/06/13

Α-18


1つない青空。
タカシのアパートが見えてくる。

「なんか、今日は空の色が濃いよね」

「ああ、確かに」

「でも、相変わらず静かすぎだよね

「まぁ、こういう天気だともっと活気みたいなのがって、ん?」

「どうしたの?」

「あれ

エントランス付近に、何かを啄んでいる様子のカラスの大群。
アパートの回りを規則正しく巡回している無人機が見える。


2人が近づいても、意に介さない様子のカラスたち。
人間の手足と思われる白骨が見える。

見て見ぬ振りをして通り過ぎる2人。

2018/06/11

Α-17


なら、なんで行ってたかっていうと、1番身近な他人である親を黙らせるためさ。

そうなんだ

世代的なものもあるかもだけど、クソの役にも立たねぇ学歴が全てだとか言ってる時点で、拘るポイントは余裕でわかったしな。

確かに

だから、学校なんて、所詮行くことに意義があるっていうだけの存在だったわけよ。

あたしも同じかな
と言っても小学校だけど

まぁ、その辺は学校って時点で、小学だろうが高校だろうが変わんねぇと思う。

やっぱ、そうだよね
タカシは、お母さんもお父さんも、ちゃんといた感じ?

一応は。
つっても、あくまで形式上だったな。
母親にあたるあの女は、自分に経済力があったら離婚してるって、いつもほざいてた。
結婚したこと自体がそもそも間違いだったとも抜かしてた。
だったらなぜ?って思うわけよ。

あたしは、生まれてから、1度もお父さんの顔、見たことがないんだ
で、お母さんにそのことを聞くと、いつもぶたれた
わけわかんないことわめきながら、全力でぶたれた
それ以外にも、なんの理由もなく、ぶたれることもたくさんあった
でも、お母さん、いつも泣いてた

マジか

だから、いつも顔は傷だらけで、ひどいときは目の周りも腫れてたりしたから、学校では、みんなからいちいち色々言われて、行ったように見せかけて行かなかったことの方が多かった

施設の話は出た?

うん。でも、断ってた
あたしは、お母さんの側にいてあげたかったんだ
いつも、あたしより早く出て、すごい疲れた感じで、あたしよりも遅く帰ってきてた
帰ってきて、着替えてすぐにまたどっかに行っちゃうことも多かった
そういうとき、いつもケバくて、露出度の高いカッコしてた

なんとか自力でアヤカを育てようとしてたんだろうな

そうだと思う。
だから、あたしにできることはないかって、考えてもみたけど、何もできないってことがわかったので、邪魔にならないように、手を煩わせないようにしてた

俺だったら、耐えらんねぇな。
確実にやり返してるだろうし、施設に避難すると思う。
アヤカは優しい、ていうか情が深い気がする。

そう、なのかな?
言われるまで、考えたことなかったな

俺含め、たいていのヤツはそこまで見られんと思う。
見る余裕もねぇだろうし。
自分のことだけでいっぱいいっぱいになるはずだし。

それは、そうかも

夜明け、か。今日も晴れだな。

眩しい
でも、キレイ