7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼ミョウジンタカシの物語
それぞれの事情
±=ゼロ…
・流線
流浪の刻
The abandonment

▼堕ちゆく世界
・オチユクセカイ
 〜vol.0 覚えなき再会
 〜vol.1彷徨の刻
 〜vol.2 もう1つのセカイ
 〜vol.3 内なる力〜 
 〜vol.4 明かされていく真実〜 
 〜vol.5 残酷なる事実
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに〜 
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

コードナンバー000
・コードナンバー・トリプルゼロ 
 〜vol.0 記憶が欠落した男
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ
 vol.2 蜜月と邂逅
 vol.3 呼び覚まされる記憶 
・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty

▼The downer world
loyal shadow
・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged

▼今のところノージャンル
・ナイトメア・オブ・ブラック
 ~序章
 〜独白・暴走
 〜軌跡
 〜終章
抗えぬもの

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2019/12/14

そして絶望へ12


膝に手をついて肩で息をしているオリエ。

はあ
どんだけ歩いたんだろ
間違いなく人生で1番歩いた気がする
てか、ここマジでどうなってんの?
歩いても歩いても全然違う感じにならないって、ど~ゆうこと?
これじゃどこに向かってるか、全然わかんないじゃん
とりあえず、座ろっと。
てか、どうでもいいけど、ここ、なんでこんなに静かなんだろ?
多くの女子が監禁されてるはずなのに、人の気配もしないし

壁にもたれかかるように、ゆっくりとしゃがむオリエ。


痛っ!!

オリエの足元が赤く染まっていく。

え!?

「ふ、長い時間ご苦労だったな」

どこからともなく現れる警官。
手には銃が握られており、銃口はオリエに向けられていた。

状況がよく理解できていない様子のオリエ。

「順番に話そう。まず、おまえの両足はこの銃で撃たれた。銃声がしなかったのは、消音設定をしておいたからだ。次に、あまりにもタイミングが良すぎるのは、当然と言えば当然だ。なぜなら、ここには至るところに監視カメラが仕掛けられており、おまえの動向は丸分かりだったからだ。そして、ここがどこもかしこも同じような作りなのは、おまえのように無謀なことをする輩への対策だ。人間は、自分がどこに向かっているかわからない状態では歩き続けることは不可能だ。気力や集中力には限界がある。また、異様に静かなのも当然だ。壁は全て防音になっている。無論、こうしている間に何人もの女たちが優勢な遺伝子を注入されているのは確実だ。言うまでもなく、おまえのルームメイトも、今ごろたっぷりと孕まされていることだろう」

顔を歪めているオリエ。

「ふ、安心しろ。急所は外してある。ただ、ここままだと止血しない限り、体内の血液が半永久的に流れ続けることになる。無論、それまでの間に意識がなくなるはずだがな」

警官は無表情だったが、口元には不敵な笑みが浮かんでいた。


二の句は告げないでいたが、憎悪のこもった眼差しで警官を睨み続けるオリエ。

「ふ、気の強さだけはいっちょまえだな。だが、それだけではどうすることもできない。それぐらいはわかるだろ?」

それで?あなたは、あたしをどうしようと、してるの?」

「と言うと?」

「あたしを、殺そうと思えば、サクッと急所を撃つことも、できたはずでしょ?」

「ふ、それは殺すかどうかは、今後のおまえの返答次第で決める、ということだ」


「さて、だいぶ意識が朦朧としてきているはずなので、そろそろ本題に入ろう。単刀直入に言おう。おまえの相手はこの私に決まった。受け入れるか否か、どっちだ?」

……イヤと言ったら?」

「念を押すようだが、それは否ということでいいのだな?」

「当たり前、じゃん。それ以外に」

警官の口元に薄ら笑いが浮かび、銃の引金を引く。

焦点が合わないような眼差しのオリエ。
そのまま、前にのめるように倒れる。

「言い忘れてたが、この施設は絶海の孤島にあるわけではない。おまえの住んでいた街の地下にある。入口は、とあるビルのロビーにあるエレベーターだ。無論、仮にそこまで辿り着けたとしても、警備連中の網を潜り抜けることは不可能だろう」

赤い液体の中に浮かぶ微動だにしないオリエ。

「おっと、もう絶命してるんだったな」

そのまま立ち去っていく警官。




---------------完---------------


※あとがき的なもの

前作がある意味ハッピーエンド的な内容だったのに対し、今作はその反動か、かなりアンハッピーエンド的な内容となった(汗)

そして、全くないどころか、むしろ裏で実際に起こっていそうな感さえすることでもある

また、究極的でもあるかなとも思う

しかし、読者数は全世界で確実に増えており、多くの方が、安っぽい、現実逃避的な希望に、さぞかし飽々しているのだろうと感じた

無論、私自身もそんなものには辟易している次第だ

なお、この作風からは信じ難いかもしれないが、私は心身ともに、かつてないほど健康な状態である

よって、次回作の構想もすでに色々と湧き出している

加えて、今作の電子書籍化や、過去作品で、関連作品をまとめた物を電子書籍化する構想もある

ということで、このブログはしばし更新が途絶えるが、右にある「My website」内にリンクされている私のサイトやInstagram、Twitterあたりで電子書籍化や次回作の公開について告知予定なので、チェックしてもらえれば幸いだ

2019/12/06

そして絶望へ11


施錠してないって?
ホントかねぇ

ったく、アイツら何考えてんだろ

てか、マジで開けゴマしたらあたしゃガチで逃げるぜ?
あの子みたいにサクッと言うこと聞く子じゃないし。

横にスライドしていたと思われる壁に触れるオリエ。

確かこの辺だったような
開くかな?

ゆっくりと壁がスライドしていく。


え!?
何ここ??

部屋の外は、見渡す限り、殺風景な白く長い廊下だった。

マジで
これじゃ、どっちに行けばいいかわかんないじゃん

開いていた壁が閉じていく。

あれ?閉じちゃうの?
しかも、開かないし
……とりあえず、移動しよ。

2019/12/03

そして絶望へ10


眠っている2人。
部屋の明かりはいつの間にか消えていた。

壁が横にスライドし、外の明かりが2人を照らす。
人影が2つ。

顔をしかめて少しずつ目を開けていくユカ。

「ふ、おまえは比較的寝起きがいいようだな」

警官の声。
顔をしかめるものの、目は開けられない様子のオリエ。
部屋の明かりが点いていく。

「今回はおまえの相手を連れてきた」

体を起こすユカ。
ようやく目を開けていくオリエ。

「!!。ダイジロウ!?」

警官の隣には、ダイジロウと全く同じ顔をした男がいた。
しかし、ユカの呼びかけには無反応だった。

「ふ、この男はおまえが愛したダイジロウではない。顔だけ遺伝子操作で同じにしてあるだけだ」


眠そうに体を起こすオリエ。

「さて、では聞かれてないことだが、おまえの方が薬が強かったのは、妊娠してないかを調べるためだ」

やっぱり」

「で、その結果、じき妊娠する兆候があったため、取り除かせてもらった」

「ダイジロウが草食系な感じだったから、ですか?」

「いかにも。これはおまえに限った話ではなく、草食系の遺伝子を身篭っていた女性たちは、全て同じように取り除いている」


「少なくとも顔が同じなら、多少は受け入れやすいだろう?」

はい」

「ちょ!いいの?それで」

「ふ、相変わらずだな。この状況でいいも悪いもなかろう」


「さぁ、行こうか」

ダイジロウの顔をした男がユカに手を差し出す。
微笑して、その手を握るユカ。
顔をしかめるものの、何もできない様子のオリエ。

そのまま男と連れ立って行くユカ。

「言うまでもなく次はおまえの番だが、少々日が開くかもしれない。どの男を当てがうか、選定に時間がかかりそうなのでな」

「あまり、時間を開けない方がいいかもよ」

「ほぉ、それはここから脱出するという意味か?」

「言わなくてもわかるんじゃなかったの?」

「ふ、よかろう。やれるものならやってみるがいい。この部屋は敢えて施錠しないでおこう」

不敵な笑みを浮かべて部屋を後にする警官。


ダイジロウと似て非なる男にしがみついているユカ。
その指は、筋肉質の背中に食い込むほど力が入っていた。

大粒の汗で光る肢体。
ユカは甲高い声をあげながら、体を上下左右に揺らしており、顔は同じように不規則に揺れていた。
閉じられた目からは涙がこぼれ、頬を止めどなく流れている。

2019/11/26

そして絶望へ09


「そりゃそうだけどさ

「たぶん、あたしがこう考えるのは、厳しめの家庭で反発とかせずに生きてきたからだと思う」

「あ~、なるほど。てか、それだったらあたしも似たような感じだったけど、あたしは反発しまくってたな。だから、学校出たらサッサと一人暮らししちゃった」

「うん、そんな気がする」

「え、もしかして彼氏も親が紹介してきたとか?」

「いや、さすがにそれはあたしが好きになった人だったよ。同じ学校で、そのときから付き合ってた」

「あ~、じゃあ、もう結婚秒読みな感じだった?」

「うん。殺されちゃう前の日、ひょっとしたら聞かれちゃってたかもだけど、彼氏としてて、初めて付けずにしてたんだ」

「結構思い切った感じじゃん。あたしは無理だな。絶対結婚してからだな。それも、生まれてきた子供が不自由しない状態になってからじゃないと無理かな」

「確かにね。ただ、それだと何年かかるかわかんないし、子供が生まれてからも働かないとやってけないことに変わりはないし、それに彼氏のこと大好きだったし」

「それだったら全然いいと思う。でも、それだったらなんでアイツら、あなたもさらってきたんだろ?だってさ、できちゃってる可能性が高いわけじゃん?」

「あれかな。あたしの彼氏、草食系な感じだったからかな?」

「あ~、だったら辻褄合いそう」

「てことは、あたしの方が薬が強めだったのは、妊娠してるかを調べるためかなぁ」

「たぶん、そんな気がする」


「まぁ、考えてもしょうがないじゃん。どうせまた近いうちに連中が来て、聞いてもないことまで話してくれると思うし」