7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged
The abandonment

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2018/10/13

Α-33


ただ、思ったよりも色々消耗してたみたいで、辞めてからしばらく何もする気になれなかった。
せっかく自己都合で辞められたのに、ハロワに行く気力もなかった。
もちろん、身近な他人たちからはぜってぇ離れたかったから、これはウダウダやってる間に住む場所決めておいた。こないだ行ったあの場所じゃねぇけど。

燃え尽きちゃったんだろうね

毎日最低でも12時間は寝続けてたな。完全に干物状態だった。
つっても金はあったから、なんとかなった。
まぁ、使いたくてもその時間と気力とか体力がなかったから貯まってたってのもあるけど。

(微笑しながらタカシの手の関節を弄り始める)

で、3ヶ月ぐらい経ってなんだかんだで金がなくなってきたから、しゃあねぇから仕事探しして、コールセンターで働くことにした。

電話の、問い合わせ的な?

ああ。
座って喋ってれば金になるからラクかなと思ってな。
まぁ、そこでも色々あったけど、ブラックと比べれば全然だった。
で、IT化とかAI化の煽りをモロ喰らって、野に放たれちまって今に至るって感じだな。

フフフ、お疲れさま
なんか、あたし、すっごくタカシを気持ち良くさせてあげたい気分なんだ

へぇ
何してくれんだ?

ん?
お口でね


橙色に染まっていく木漏れ日。

2018/10/10

Α-32


残り1ヶ月はどんな感じだった?

途中までは、その1日中座って電話ってのを続けてたけど、20日あたりから、メドがついたってことで、俺含め残ってた連中に順次子会社のいくつかから、来ないか?って誘いが来るようになった。
もちろん気が進まなかったから、どれも断ってたけど。
まぁ、俺のいたところも子会社だったから、子会社同士で異動って感じだったけどな。

てか、20日ごろからって遅すぎじゃない?
1ヶ月、何日あると思ってるわけ?

会社にとっちゃ、ありえねぇことが起こっちまったので、テンパっててズレ込んだか、実はもっと早くからほかの子会社の受け入れ体制ができてたけど、俺らに選択肢を与えさせないために敢えてその時期に言ってきたか、もしくはその両方か、だろうな。

なんか、両方な気がする
で、その子会社のどれかに異動したの?

いや、いい機会だから辞めた。
ホント、最後の最後までゴネてやったよ。ほかにもっといいとこはねぇのかって感じで。
最終的に、会社に、ほかにはないから会社都合で辞めていいって言わせるまで粘ってやった。
なかなか言いやがらなかったけど、俺以外にも同じ考えの連中が数人いてさ、みんなでゴネてやった。

フフ、なんか楽しそう
会社的には、やらかしてるだけに強く出られなかった気がする

だな。
弱みを突きまくって、最終的に取るもん取ってやったって感じになるな。
会社都合で辞めると、自己都合で辞めたときと違って、ハロワに申請すれば、すぐに金入ってくるし。
あと、1回も使えなかった有休10日を金に変えることができたし、最後の月の給料とボーナスも入ったから、勝ち組も同然よ。

(微笑しながらタカシを見つめる)

2018/09/22

Α-31


でさ、いつも、どれだけ仕事してた?
仕事する時間、超長かったって言ってたけど。

だいたい、朝9時から夜8時ごろだったな。もちろん、もっと遅くなることの方が多かった。終電で帰ることも結構あった。
まぁ、アヤカの母ちゃんほどじゃねぇ気はするけど。

それはそうかも
でも、タカシのいた会社みたいな感じじゃなかったぽい
仕事も、違うみたいだったし
たぶん、病む人そんなにいなかった気がする

やっぱり、仕事のことはそんなに話さなかった感じ?

うん
会話自体、そんなになかったかな
まぁ、お母さんの仕事のこと、あたしが知ってもよくわからなかったと思うし、知る必要もないかなって。

知ったところでどうにかなるもんでもねぇしな。

うん
で、その色々ビミョーなブラックには、どれだけいた感じ?

確か9ヶ月ぐらいだったな。
実は、辞める3ヶ月ぐらい前に、そのサービスの売り込みをやってた営業所が全て閉鎖されることになってさ。
詳細は聞かされなかったけど、おそらく例の勝手に契約したことにしてたってのがこじれて、それがマスコミに行っちまったのがキッカケだと思う。

なんか、マジでイミフな会社

実際、社名は出なかったけど、当時ニュースに、こんなことありました的な感じで放送されてたし。
で、2ヶ月ぐらい、全ての客なのか一部の客なのかわからんけど、直接電話してさ。もちろん、さっきの話は伏せて、このサービス続けますか?辞めますか?っていう2択を迫るようなことをやってた。

無意味に取り繕ってるだけの感じがする。

だろうな。
でも楽だったぜ。1日中座って電話してるだけだったし、つながらないことも多かったし、つながっても、すんなり続ける、辞めるで話が進んだし。もちろん金もフツーに出たし。
まぁ、上手くいかない連中の方が多かったみたいだけどな。

たぶん、タカシだから上手くいった気がする

どうだろうな。
俺は当たり前のことを当たり前にしてただけだけどな。
それが逆に良かったのかもしれんけど。

うん、だって、当たり前のことって当たり前にできないことが多い気がする
そうじゃなかったら、揉め事とか事件とか犯罪も起こらないと思うし。

ああ、確かに。

2018/09/15

Α-30


どんな感じ?

そいつも実績買われて所長をやってたんだが、会社に不満があったってのと、営業所で上げた売上げをそのまま使えば、自分で会社作ってやってけんじゃね?って思ったみたいで、営業所の売上げをそのままパクってバックれた。
そしてタチが悪いことに、立ち上げメンバーとして何人か引き抜いてったんだ。
その中には、俺がいた営業所の連中が数人いた。

確かに、ギリギリかも
最初のうちは、バレなければなんとかなるかもだけど、ずっとは無理そう

まぁ、直接連中と面識あったわけじゃないから、どんだけ続いたかとか、今どうしてるか、ってのは知らんけど、良くて23年だろうな。

タカシは、声かけられた?

いや。
なので、その事実は同じ時期に入った、仲の良かった同僚から直接聞かされた。
まぁ、引き抜かれた連中、ある日突然来なくなったし、その同僚、俺より契約取ってたせいか、連中から声かけられたって言ってた。
もちろん、どの程度連中から詳しいことを聞いてたかわからんけど、ヤバいって思ったみたいで、サクッと断ったって言ってたな。
俺は、取れるようになってたけど、そいつほどじゃなかったし、ちょっと仕事が面白くなっててほかに行くっていう選択肢はなかったから、それを連中が察したんだろう。

でも、仮に不満とかあって辞めたいって思ってても、なんとなくタカシは乗らない気がする

ああ、それはそうだと思う。