7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged
The abandonment
抗えぬもの

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2019/08/17

任務進行中19


列車内で十分に睡眠を取ったと思われるものの、疲弊しきった様子のオリエ。
しかし、遠めでも怪しげなスキンヘッドが、動かなくなったユカを抱きかかえ、停めてあったワゴン車に運び込んでいるのを見逃すほどではなかった。


「どうかされましたか?」

驚いたように振り返るオリエ。
先日エントランス前にいた、無機質な目をした警官だった。

「あ、いや

「もしかして、今走り去ったあのワゴン車ですか?」

「はい。見ちゃったんです。怪しそうなスキンヘッドの男が、たぶん女の人を、ワゴン車に運び込んでるのを

「そうでしたか。その女の人は、あのアパートの住人でしたか?正確に言うと、あのアパートから、その怪しげな男が運び込んでましたか?」

「いや、そこまでは

「わかりました。そういえば、先日あのアパートで起きた死体遺棄事件も、捜査を進めたところワゴン車で死体が運び込まれたようなんです」

「さっきのワゴン車かも、って感じですか?」

「その可能性もあります。ただ、まだ車種を含め詳細不明な状態なので、これからです」

「そうですか

「では失礼します」

2019/08/10

任務進行中18


列車内の座席で、少々のことでは目覚めない様子で寝ているオリエ。
乗客は、このオリエとユカのみだった。

ユカはドア付近に立っており、外を眺めていた。
愛する者を奪われてから、その表情には影が色濃く出るようになった。

外は、そのような心象風景を写しているかのような夜だった。


ユカは、ビジネスホテルで暮らすようになっても定期的にアパートに出入りしていた。
あまりにも急だったため、私物の持ち出しがほとんどできていなかったのだ。

この日も私物の持ち出しに訪れていた。
エントランスの鍵を開けようとしていたところを、物陰に潜んでいたスキンヘッドが背後から厚めの布で口と鼻を塞ぐ。

「!?」

大きく目を見開いていたが、薬を嗅がされたようで、程なくして脱力したように目を閉じていく。

2019/07/28

任務進行中17


とあるカフェのテーブル席で、スキンヘッドがガラパゴスを操作している。
空になった、酒が入っていたと思われる長めのグラスが1個。

知る人ぞ知る隠れ家的な場所で、夜間という時間帯のせいか、客はこの男のみだった。

全体的にアンティークな造りで、陳列されている小物も同様。
そして、暗めの照明。
BGMもかかっていなかった。

ほぼ確実に経営者の趣味と思われるような佇まいだったが、タンクトップのスキンヘッドがいても不思議と違和感はなかった。

「ずいぶん珍しい場所だな」

長髪と私服姿の、事件現場に居合わせた警官と見た目が酷似した男がやってくる。

「俺は、わりとこういうとこ好きだがな」

ニヤニヤしながらガラパゴスから目を離し、2人を一瞥するスキンヘッド。

「例のヤツは、そろそろ動くのか?」

「ああ、そのつもりだ。そっちがもう少し距離が縮まってからとも思ったんだが、アレだとメッセージのやり取りだけで満足してる感があるからな」

「間違いない。俺も、そろそろ何かしらキッカケが必要だと思ってたところだ」

「ということで警官さん、あんたにも手伝ってほしいんだが?」

「構わない。だから呼んだのだろう?」

「もちろん。さて、これから具体的な話だが、その前にせっかく来たんだから、1杯ぐらいなんか飲みな」

2019/07/19

任務進行中16


マサヨシのノートパソコン画面右下に、メールの受信を知らせるアイコンが表示される。
『件名:o.r.i.e_dayonさんからメッセージがあります』

これが長髪の言う、これまでと違った反応だろうか?
怪訝そうにメールを確認するマサヨシ。

『氏名:o.r.i.e_dayon

『本文:突然メッセージ送っちゃってすみません(汗)
masa_yo.s.h.i.99さんだったら、って思ったので、送らせてもらいました。
実はあの遺体が見つかったアパート、あたしが住んでるアパートなんです。
もちろん、遺体が置かれてた部屋じゃないですけど。
でも、すぐ下の部屋なので、色々落ち着かないです(汗)』



『件名:masa_yo.s.h.i.99さんからメッセージがあります』

スマートフォンを操作してメッセージを確認するオリエ。

『氏名:masa_yo.s.h.i.99

『本文:メッセージありがとうございます。
そうでしたか
さすがに、ちょっと気の利いたことは思いつかないですが、ホント、早く犯人が捕まれば、って思います』

表情をほころばせるオリエ。

これ以降、2人の間にメッセージのやり取りが増えていく。