7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
・流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2017/09/23

009

貧民街とスラム街の境界は、実質無法地帯だった
スラム街の秩序を守るという名目の、24時間体制の監視場が設置されていたが、実際に行われているのは、脱出してきた貧民たちの殺戮だった

貧民街から脱出を図ろうとする人間は後を絶たない
自治体からは完全に見放されており、衣食住や労働環境は無きに等しい状態だった

雨風を凌ぎ、まともに居住できる場所は無人の荒廃した建物ぐらいだった
しかし、建物内部に空きがない場合は、野宿せざるを得ない状態だった

このような環境では、生存率よりも死亡率の方が高くなるはずだったが、統計上はほぼ変わりがないようだった

自治体では、年収200クレジット未満の人間たちを総称して「ワーキングプア」と呼んでいた


この状況は、彼らがスラム街を追われ、貧民街に居住せざるを得ない状態に陥ったことで発生しているに違いなかった

2017/09/22

008

キウェインは9区に住んでいた
7区からは電車で15分程度だった

スラム街の鉄道は、地上を走る1区から20区を結ぶ路線1本のみだった
21区以降は「貧民街」になってしまう

スラム街は、年収200クレジット以上500クレジット未満の人間たちが住む場所だった
年収が200クレジット未満の人間たちは、劣悪な環境となる「貧民街」に身を置くしかなくなるのだ

9区は、どちらかと言えば住宅街だろう
スラム街の中でも比較的治安が良く、住みやすい地域と言われている

おそらく、年収も250クレジット以上の人間が住んでいるに違いない
ここには、カネに見放された連中が発する腐臭のようなオーラはなかった

キウェインは、定期的な逆援助交際によって年収だけなら中流階級並みだった
自治体からも中流階級の街へ居住する権利は与えられていた

だが、キウェインは敢えてその権利を行使していなかった
逆援助交際でよく行くことが多いからかもしれないが、ただ単に肌が合わないだけ、ということかもしれなかった


特にスラム街で暮らすことに不自由を感じていなかった、というのも理由の1つだろう

2017/09/21

007

キウェインは目を覚ました

窓のない、朝も夜もない部屋だった
ここで行われることを踏まえれば、理に適っていると言えるだろう

「起きてたの?」

ルミも目を覚ましていたようだった
キウェインと目が合うと、その円らな黒目はより大きくなった

「う!?」

キウェインは頭を抱えて蹲った

「どうしたの!?」

「頭が……、痛い……

キウェインの体は小刻みに震えていた


ルミはキウェインを抱きしめた
そのようにするしかなかったのだろう
かける言葉がなかったのは想像に難くない

この状況は、時間が解決するのを待つしかないようだった



治まった?」

「ああ……。たぶん、大丈夫だと思う……

「頭痛持ち?」

「いや。なんかよくわからない。しかも耳鳴りもひどかった

「そうなんだ

キウェインは蹲ったままだったが、小刻みな震えは収まっていたようだ
ルミは、キウェインの背中を撫でていた

「ねぇ、報酬なんだけど」

「いや、いいよ。宿泊代だけ出してくれれば、あとはボランティアで」

「え!?でも

「ルミちゃんはそれなりにカネ稼いでそうだけど、スラムにいるってことは、どんなに頑張っても月30ぐらいだよね?」

「そんなには稼いでないけど。でも、今日はすごくよかったの。だから

「オレは別にルミちゃんに同情してるわけじゃない。まあ、カネはないよりあった方がいいけど、なんか受け取る気になれない。なんでだかわかんないけど

安すぎたの?5クレジットから出来高で10クレジットだと」

「いや、そういわけじゃないんだよな。なんかモヤモヤしててよくわからない

キウェインの言葉は要領を得なかったが、意思は固そうだった

「そう………。じゃあ

ルミはキウェインの肩に手を掛けた

「ん?」

キウェインは顔を上げる
いまひとつ焦点が合っていないような表情だった

「もう1回、あたしを満たして

キウェインをねだるように見つめる、その黒目は潤んでおり、そしてとにかく大きかった

「延長になったら、その分払ってもらうぜ?」

「いいよ

ルミは、そのままキウェインに抱き付いた
2人は対面座位の形になった

子ネコが鳴くような喘ぎ声が部屋中に響き渡った



2人がラブホテルを後にしたのは、14時ごろだった
宿泊代は、延長代も含めて2クレジット程度となった

全額ルミ持ちだったが

日中のホテル街は、派手なネオンがないため殺風景だった
場所も場所だけに人通りも少ない

「ねぇ、また会ってくれる?」

「そうだなぁ

キウェインは満更でもなさそうだった
ルミはニヤニヤしながらキウェインの手を握り締めていた

「キウェインも気持ちよかったんでしょ~?」

「まぁ、30過ぎのオンナより締りがよかったからな」

「もぉ、何それ~。いっぱい出してたくせに~」

「ああ、そうさ。いけませんか?」

「いけないなんて言ってないもん」

キウェインはルミの反応を面白がっているようだった

「あ、そうだ。話変わるけど、ルミちゃんて黒似合わないよね。なんか色に負けてる」

「え?そう?」

「今まで言われたことなかった?」

「うん」

「アクセの色はゴールドだから、似合ってるね。ルミちゃんは、肌の色とか艶とか、質感、目の色。春だね」

「春

「似合う色は、原色以外の濃い色。オレンジ、黄色、ピンク、緑もいけるかな。オレが着れない色だね。どうしても黒を着たい場合は、上じゃなくて下に持って来た方がいいね。覚えといて。今度会うときに色が合ってるかチェックするから」

うん


2人は、傍から見ると、お互いの中に入り合って、より精神的な距離が縮まった恋人にしか見えないだろう

2017/09/20

006

叢に潜んでいた少女は、体の震えが止まらないようだった
寒さではなく、恐れから来るものだろう

「随分と怯えてるなぁ。そんなに怖いのか?大丈夫さ。大人しくしてれば、すぐにお父さんとお母さんのいる場所に連れてってやるよ」

相手は、おそらく両親を一瞬で殺してしまっているだろう
何人もの人間を、いとも簡単に葬っている殺戮マシーンのはず

「わかったよ。今そっちに行くよ。死ぬ前にオレの姿を拝ませてやるよ。感謝しな。多くの連中はそれすらできずに、亡骸になっちまうんだからな」

少女の前に、音もなくキウェインが現れた
草と体が接触する音、少女の場所に向かってくる足音、一切しなかったのだ

「ひ……」

キウェインは漆黒のボディスーツを身につけており、両目は暗視ゴーグルで隠れていた
口元は無一文字のため、そのマシーン振りがより顕著になっていた

「あ…、ひ…」

少女は、腰が竦み、声も出なくなっているようだった
顔は完全に泣き顔になっており、目には涙が溢れていた
まるで、飼い主に捨てられた子犬を彷彿とさせる、悲しげで円らな瞳だった

キウェインは暗視ゴーグルを外した

顔の輪郭はシャープで、切れ長な目だった
美形だったが、恐ろしく無表情で、黒目よりも白目の割合が多かった
その黒目も、どこを見ているかわからないような目付きだったが、どことなく少女を視界に見据えてはいるようだった

少女は言葉を発することができず、口元は震えていた
すでに涙は止めどなく流れていた

キウェインの足元にある草は黒くなっていた
手に握られた短刀の切先から滴り落ちる、犠牲者たちの血によるものだった