7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2017/11/23

25

生徒の学力というか偏差値はその家庭の経済力と関係があるのだろうか?

「私立」と呼ばれる学校は無駄に授業料が高い傾向があり、それに応じて偏差値も高めだ

「公立」と呼ばれる学校でも偏差値の高いところは、そこに入らせるために1番身近な他人たちが塾や予備校にカネを注ぎ込む

まるで、偏差値の低いところは学校としての価値がなく、そこに在籍している生徒も人間失格に等しいような輩ばかり
そんなところに自分の子供を入れてしまったら、自らの世間体に大きく傷がついてしまう

とでも言わんばかりの必死さがある

傍から見ていると滑稽極まりないものだが、オレの親と呼ばれる連中もその中に含まれていた

偏差値云々というかそもそも学校というものに興味のないオレにとっては迷惑以外の何物でもなかった

学歴や偏差値だけで全てが決まることはない

というのが持論だ

しかし、現実的には偏差値の高低が人生全体を決めてしまうという構図は否が応でも存在している

俗に言う一流企業に在籍する連中や自ら事業をやるような人間は、偏差値の高い学校に所属していることが多いのだ

ヨーロッパは階級社会と呼ばれているが、この国も結局のところそのような社会構成になっているのだろう


「成り上がり」「成金」という言葉が存在するのはこのためかもしれない

2017/11/22

24

オレが3年間惰性で通っていた公立高校は東京の清瀬市にあった

住んでいた小金井市からは自転車で30分程度かかる場所だった

無論、小金井市に公立高校がないわけではなかった

オレは学校がキライだが、それと同じぐらいに「受験勉強」もキライだった

小金井市や隣接の武蔵野市は偏差値の高い高校が多く、オレはそういった高校に行けなかったのだ

同じ学区内でも小平市や東久留米市・東村山市・清瀬市にある高校は偏差値が低めで、その中で少しでも偏差値の高そうなところに行くしかなかった

そこが清瀬市にある高校だった

夢も希望もない3年間…

当時の記憶など脳裏の片隅にも残っていなかった
残しておく価値もないほどのものだった、ということだ

とは言え、惰性でも学校に行くという行為を繰り返していればいいのだから、ラクなものだ

この3年間で得られたものは「割り切り」「開き直り」「諦め」だった

2017/11/21

23

中学は私立だったが、高校は公立だった

個人的には「私」でも「公」でも、どちらでもよかった

やることはほぼ同じ

高校は中学の延長線上に存在するもの、というかただ単に中学に毛が生えた程度のもの

「公私」の違いは授業料の違いでしかない

としか思っていなかった

もしかしたら、ほかにも違いはあったのだろうが、それがわかったところでオレの何かが変わることはない

基本的に「学校」と名の付くところは、それが何であれ好きにはなれなかった

所詮やることは受験勉強という名の暗記に偏りきった、生きていく上で何の役にも立たないものばかり

学校側は、「生きていく上で知識が全て」とでも言いたげな様子でこちらを洗脳していくだけ

無論「知識」が必要ないと言うつもりは毛頭ないが、それ以外に必要なものが軽視されていると感じざるを得なかった


そんなオレが授業料の高い「私」に行くことは、まさにカネの無駄遣い以外の何物でもない

2017/11/20

22

オレの配属先は「品質管理室」というところだった

工場で製造・精製されたものの最終チェックやその途中の工程が問題なく機能しているかを成分分析する部署だった

オレはケイコとは違う仕事をしていたが、実際の作業等は同じ室内で行うことが多かった

無論、オレから話しかけることはなかったが、ケイコにとってオレは今まで接したことのないタイプだっただけに物珍しかったのだろう

気が付くとケイコから話しかけられることやスキンシップをされることが多かった

イヤではなかったが、即座にオレの中のオトコが反応するほどの何かは感じなかった

最終的には退職する前日にお互いの中に入り合ってしまったが

そこから何かが始まることはなかった


始めようとも思わなかったが