7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction exceedingly near to nonfiction
それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero) 
 〜vol.0 記憶が欠落した男(the man that memory lacked)
 〜vol.1 殺戮マシーン トリプルゼロ(massacre machine triple zero)
 vol.2 蜜月と邂逅(honeymoon and encounter)
 vol.3 呼び覚まされる記憶(reminded of the memory)


・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged
The abandonment

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2018/02/16

Α-00

黒に近いダークグレーの分厚い雲に覆われた空。
辺りには重く陰鬱な鐘が鳴り響いている。
無風状態のためか、よく響いている。

針葉樹の森。
昼間だが、日光が差さないため鬱蒼としていた。
静かだった。
鳥達の囀りはなく、小動物や獣達の気配もない。


1羽のカラスが飛んでくる。

しゃがみ込んで一心不乱に何かをやっているアヤカ。
微動だにしない人間の足らしきものが見える。

降り立ったカラスは、様子を窺うように小刻みに跳ねている。
カサカサという音。


アヤカの動きが止まる。
カラスも跳ねるのを止めて、アヤカの様子を窺う。

ゆっくりと振り返るアヤカ。
小顔に大きな丸い目。
しかし瞳は小さく、血走った白目が大半だった。
目の下にはドス黒いクマ。
頰には、大小問わず多数の殴打または引っ掻かれたような傷痕。
口の周りは、黒を混ぜたような赤で染まっていた。

その場でアヤカの様子を窺っているカラス。

瞬き1つしない目。
小さな瞳にはカラスが映っている。

「いいよ

立ち上がり、カラスから目を逸らし、反対側へ立ち去っていくアヤカ。
ケガをしているのか、片足を引き摺るような動き。
身長は150cm程度。
ショートパンツから伸びている足は枝のように細く、体の半分程度の長さだった。

アヤカのいた場所へ羽ばたいていくカラス。


みんな、食べなきゃ生けてけないから


赤く染まった肉片を啄んでいるカラス。

2018/02/01

95

6月になった

春から夏へ移行する途中の季節
そのわりには暑い日が多いが

オレは新幹線に乗っていた

行き先は東京

しばし、もしかしたら今後一切かもしれないが
この新幹線に乗ることはないだろう

故郷への帰還

とりあえず休息が欲しい

心身とも疲れはてた

あの会社に慰謝料を請求してやりたいが、そんな気力も湧かない

東京に着いた

先のことなど考えたくもない

オレには未来などない


あるのは死への道だけだ



-----完-----


※追記

このブログにも載せているloyal shadowの英訳が終わり、電子書籍化の準備をするため、しばし更新途絶える予定。
とはいえ、新作の構想もそれなりにできつつあるので、2月中に着手できるかと思う。
今しばらくお待ちいただければ幸いだ。

2018/01/31

94

「オレ、辞めることにしました。なので、ヨコイさんとは今日が最後です」

「そうなんだ…。まぁ、オレとしてはミョウジン君の行く末をもう少し見てみたかったけどね。帰るの?」

「ですね。…前から聞こうと思ってたんすけど…。この仕事を辞めようと思ったこととか、自分にはほかの仕事が向いてるんじゃないかとか、思ったことありますか?」

「あるよ。今でもそう思ったりすることあるしね。まぁ、オレはこうやってテキトーにやってられればそれでいいからね。なんだかんだで日本人の髪が面白いから続けてるって感じかな。海外で仕事もしたし」

よくわからない感覚だった…
オレもヨコイぐらい1つのことをやり続ければわかるのだろうか?

「さて、小説家デビューしたら教えてよ。オレもチェックしとくからさ」

「そうですね」

連絡先の交換はしなかった
する必要性を感じなかった

世に出れば何らかの形でオレの名前がヨコイの耳にも入るだろうから…

2018/01/30

93

無意味に運命共同体を形成するのがここの社風なのはわかった

だが、オッサン

あんたがどれだけ有休とか代休とかがあって、それを未だに使っていない

そんなことは知ったことではない

それを退職に伴って有休消化できない理由にするのはおかしくないか?

工場長である自分は使っていないのに、なぜヒラのおまえが率先して使うのだ?
とでも言いたげなツラしてやがるが

そもそも有休は働く側の権利ではないのか?

オレは少なくともそれを行使するだけの義務は果たしているだろ?


入社してから無遅刻無欠勤なのだから