7777/07/07

About

このブログは「自作小説集」です。

自分のスタンスは「書きたいものを書きたいように書く」「解釈は読み手に委ねるべきもの」です。

個人的には、ごく一部の人に素晴らしいと言われればそれでいいと思っています。

万人受けするもの、それは可もなく不可もない、何も印象に残らないもの。

それをやるのは自分でなくてもいいと思うので。

 

This blog is a collection of one's own novels.

My stance is
"I write it to want to write the thing which I want to write" "The thing that the interpretation should entrust it to a reader" .

I think that it is enough if it is told a few people to be splendid personally.

It which are popular with all people don't win through up to any impression neither good nor bad.

It doesn't need to be oneself to do it.

7777/07/06

Novel lists

▼The fiction which is limitlessly near to nonfiction
・それぞれの事情(each circumstances)
±=ゼロ…(plus minus zero…)
・流線(a probationary)
・流浪の刻(a vagrant)

▼Dark fantasy
・オチユクセカイ(fallen world)
 〜vol.0 覚えなき再会(reunion without the memorizing)
 〜vol.1彷徨の刻(at the time of wandering)
 〜vol.2 もう1つのセカイ(another world)
 〜vol.3 内なる力(inner power)〜 
 〜vol.4 明かされていく真実(the truth that is revealed)〜 
 〜vol.5 残酷なる事実(cruel fact)
 〜vol.6 the unknown
 〜vol.7 深淵の果てに(in the end of the abyss)〜 

▼No genre
・コードナンバー・トリプルゼロ(codenumber triplezero)
・ナイトメア・オブ・ブラック(nightmare of black)
 ~序章(the beginning
 〜独白・暴走(monologue, reckless)
 〜軌跡(trace)
 〜終章(the last chapter)〜 

・アポカリュプシス(revelation)
・death penalty
loyal shadow
・darkmatter within
 〜exordium
 〜cerulean falls
 〜red forest
 〜interlude
 〜gehenna〜 
 〜gloom eclipse
 〜into blackness
 〜closure

・Sterbende Welt(Dying World)
・Leeres Reich(Hollow Empire)
The submerged

7777/07/05

E-books

ここで書いた小説は、Kindleストアで電子書籍としても販売しています。
気に入ったものがあれば、以下よりどうぞ。

現時点では日本語のみですが、順次英語版も販売予定です。

※事前にKidleアプリかKindle端末をご用意ください。


I sell the novel which wrote here as an e-book in Kindle store.
If there is the thing which you liked, please check the below URL.

At present, it is only Japanese, but going to sell the English version sequentially.

※Beforehand, please prepare Kindle application or Kindle terminal.


▼United States
http://www.amazon.com/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=dp_byline_cont_pop_ebooks_1

▼United Kingdom
http://www.amazon.co.uk/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Germany
http://www.amazon.de/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼France
http://www.amazon.fr/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Spain
http://www.amazon.es/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Italy
http://www.amazon.it/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Netherlands
http://www.amazon.nl/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Japan
http://www.amazon.co.jp/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_1

▼Brazil
http://www.amazon.com.br/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Canada
http://www.amazon.ca/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼Mexico
http://www.amazon.com.mx/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

▼India
http://www.amazon.in/blackout/e/B00BRHMQRU/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1

▼Australia
http://www.amazon.com.au/s?_encoding=UTF8&field-author=blackout&search-alias=digital-text

2017/05/25

Rebirth of dark haze

黒靄で霞んだ太陽。
細かく入っていた黒い縦線はなくなっていた。

従来通り任務をこなしている人工知能たち。

川へ投げ出される亡骸は、原型は留めていたものの、体の大半が溶けていることも少なくなかった。

溶けきらずに残っていた多数の白骨は、手をつけられることはなく、そのままの状態だった。

散歩しているサヤ。
足取りは少々重い様子だった。

2017/05/17

Melting IV

薄闇に浮かぶ、一糸纏わぬ仰向け状態のサヤ。
微動だにせず、目は固く閉じられている。

絶え間なく降り続く黒い雨。
まだ原型を留めていたが、蒸気を発しているサヤ。

その様子をひたすら見ている、完全防護状態のヨシキ。



「!?」

驚いたように振り返るヨシキ。
肩に乗せられた手は、既に白骨化していた。

顔立ちがヨシキやサヤとよく似た人物。
かろうじて原型は留めているものの、体の大半は白骨化していた。

声にならない叫びをあげ、肩に乗せられた手を払いのけようとするヨシキ。
想定以上の力だったせいか、それは叶わなかった。

白骨化を早めながら迫ってくる顔。



目を見張り、飛び起きるヨシキ。
横には、何事もなかったかのように寝息をたてているサヤ。

荒く、肩で息をしているヨシキ。

2017/05/14

Melting III

薄闇の中に黒い縦線が細かく入っている景観。
業務を終えて家路に向かっているリュウスケ。
辺りは亡骸が発している蒸気によって、白く塗りつぶされていた。



侵蝕された亡骸の数々。
それらに見向きもしない人工知能たち。

一瞥はするものの、意に介さない様子で歩いているリュウスケ。

2017/05/10

Melting II

ヨシキの帰りを待っているサヤ。
衣類は何も身につけていない状態だった。

ドアの開く音。

あれ?今日は「ただいま」が聞こえてこないな…
ま、いっか。

微笑を浮かべ、全身で喜びを表しながら玄関に向かって行くサヤ。



防毒マスクを片手に、放心したように突っ立っているヨシキ。
レインコートからは水滴がとめどなく滴り落ちていた。

ヨシキ?

ヨシキがサヤを認識するまでに数分程度かかった。

「サヤ…」

防毒マスクが落ちる。

ヨシキ……
…とりあえずレインコート脱ごうよ。



口で愛撫する音。
サヤの苦しさと快感が入り混じった表情。

ヨシキの頭は秘部に、両手は胸の膨らみを潰しては成形するを繰り返している。
その両手を優しく握りしめるサヤ。



激しく、何度も上下を入れ替え、体位を変え、全身を分泌物で濡らしながらお互いを感じ、味わう。



全てが終わったのか、溶け合うように1つになる2人。